2016年7月14日木曜日

ヒーリング哲学! その2

先程の記事に対して頂いた質問。

「皮膚は、中心と末梢、どちらに分類されるのでしょうか?」

・・・皮膚にお悩みとのことでした。

そこでまた皆さんの参考になればと思い、
書いてみたいと思います。

皮膚は、〈中心〉です。

お団子の中身ですね。

皮膚は外にあるけれど。

外からはお団子の中身が見えないので、
外に見えるように映し出されているもの、
それが皮膚、と言えます。

内臓の状態が皮膚に出ることは、
皆さんご存知ですよね。

私の理解では、
末梢の問題には、積極的な目的があります。

例えば、

手が動かない
→手を休めて、心をもっと感じてみよう。

足が動かない
→動きまわってばかりいないで、暮らしをみつめ直そう、など。

ただ、あんまり考えないようにしてね^^;

「何だろう何だろう」
と、不調について考える癖のある人は、
不調を人生の関心事にし続けたいと言っているのも同然なので、
速やかに関心を他に移しましょう。

手が痛い
→お稽古を休む

このような実際上のプロセスを辿ることに価値があるのであって、
手が痛い理由を知ることにほとんど意味はないのです。

このように、末梢の不調は、
「それによって辿るプロセス」を次に用意している場合が多いです。

だから、素直に辿ると良いでしょう。

一方、〈中心〉の不調は、不調それ自体を表しています。
それ以上でも以下でもないです。
「手が動けないおかげで内省できた」ということはあり得ても、
「肝臓を壊したおかげで」はあり得ないでしょう。

いや、あり得る・・・?

はい、そういう人はいます。

「胃がんになったおかげで食事の有り難さが分かった」とか。

胃がんになる前に気付けば良かっただけですね。

ここではそのレベル以上の話をしたいと思いますm(__)m

内臓に問題があるのは、
実際に悪いという以上でも以下でもない、という話でした。

なぜ内臓が悪くなるのでしょうか・・・
という話の答えは、お馴染だと思います。

一つは物理的(食事など)、
もう一つは感情・思考によるものですね。

しかし私たちは自分の内臓を見ることは出来ません。

そこで肌や毛や体臭によって、
鏡に映すようにして知ることが出来るようになっているのだと思います。

皮膚から知る内臓の問題・・・
それは私のヒーリングを受けているほとんどの方にとっては、
メンタルな原因によるものだと思います。
物理的なレベルでは標準以上に健全なはずですから。

内臓を知るすなわち、
腹の内(=感情、願望、欲求)を知ることです。

勿論、満月・新月ヒーリングと波動のレッスンが、
その役に大いに立つことでしょう。

最後に、宣伝です。

7月20日に、満月ヒーリングをお送りします。
セット価格を是非ご利用下さい。
波動水も前回と同様の要領で承ります。

皆様のお申し込みをお待ちしております。

次回の満月会からは
波動のレッスンの相互発表の場に自然となりそうな予感。
今から楽しみにしています。



カワベマサノリ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・        
ミクロコスモ・ヒーリング
microcosmo-healing.com                

【満月・新月ヒーリング】
満月と新月に、遠隔ヒーリングをお送りしています。 
1回 7,000円。満月・新月セット価格10,000円。家族割引2,000円off

【波動のレッスン】
満月・新月ヒーリングを継続的に受けられているお客様を対象に、
「声」「仕草」「表情」などを通して、波動の改善を定着を図ります。
東京都狛江市のアトリエにてマンツーマン形式。
1回40分、7,000円です。

【無料相談】

狛江市Mer's salonにて、無料相談をお受けいたします。 
お一人様一回限り、30分。スカイプは対応しておりません。
✉️ microcosmo.healing@gmail.com

0 件のコメント:

コメントを投稿