2017年2月10日金曜日

アトリエ利用時の割引について、その他

おはようございます。

明日は満月ヒーリングです。
昨日お伝えしたように肉体の機能回復を主眼に
今回(と多分次回)は行きますので、可能でしたら
体に負担のない服装、環境で受けて下さい。

【お知らせ】
狛江のヒーリング部屋をアトリエこしきと言うのですが、
アトリエこしきの場の力が向上したことに伴い、
すみませんが割引に変更をさせて頂きたいと思います。
その月に満月又は新月ヒーリングを受けられた方は
整体ヒーリングが2000円OFFでご利用頂けるということだったのですが、
アトリエご来訪の場合はこれが適用されなくなります。
遠隔の整体ヒーリングの場合は、今まで通り2000円OFFです。
そのぶんアトリエでのヒーリングは価値が高まったということで、すみませんが、ご了承お願いいたします。

アトリエこしきと私は長い付き合いでして・・・
最近また距離が近づいてきました。
この一年間は遠隔メインでアトリエはほとんど機能していなかったのですが、
アトリエが仕事をしたくてウズウズしている模様。

私も新しく文章を書くなどして、新しいアトリエこしきを
皆さんにご紹介したいと思っています。

それはまた他日に譲るとして、
ご質問にお答えします。

「昨日、私は悪くないのに人の問題に巻き込まれた感があって、どっと疲れました。目の前の問題は起こるべくして起こると言いますが、昨日の出来事は自分にとってどんな意味があったのか分からないので、運が悪かったと、思う事にしました^^; カワベさんは、巻き込まれた時の対処法や、素早い立て直し方法などはお持ちですか?もし何か良い案があれば教えて頂けるとありがたいです(度々、巻き込まれたと感じる事があるので)」(Aさん)

まあ、よくありますよね、こういうことは。
だいたいあまり意味がないです。
目的もないです。
ただ、起きてしまうんですよね。
自分の何が引き寄せている・・・?と考えてもなかなか分からないものですが、
私ならどうするかということですのでそれについてお答えしましょう。

巻き込まれたり、巻き込まれかかった場合、
まず確認するのは自分の感情と感覚ですね。
「なんでそんなことあたしがやんなきゃいけないのよ」
と私は自分が感じる所以上には出ていかないことにしています。
その感覚より前に「仕方ない」が出ると、
もうとことん引きずられますから。

どうしようもなく助けてあげなければならない時は、
自分で条件を作ってしまいます。
「ここまでしかしない」
とか
「助けてやるけど一言いう」
とか
「何時までには切り上げて帰る」
とか。
一番いいのは、恩に着せることかな(笑)

「こいつ恩に着せて嫌な奴だな」
と思われたら、もう二度と頼まれないでしょ。
自分を守るためには時には自主的に嫌な奴になることもまた
自己防衛なのです。

私はやりたくないことをやるときには
べったりと恩に着せますので皆さんどうぞ注意してね(笑)
でも普通はその前に「やりたくないです」と言います。
やりたくない時は。

あと立て直し方ですが、
まずは一番心の通う人に出来事を話すんですよね。
そんな時、相手の弁護も自分の弁護も一切せずに
あったことと感じたことだけ喋ってすっきりさせる。
そのあと気分転換とか楽しいことをして流して、
次に同じことが来たらこうしようと未来の自分を方向づける。
そして本当に同じことが来たら絶対にそのルールに従うことですね。

この回答で回答になっていますか?

では明日お会いしましょー。

【次回予告】
満月2月11日
新月2月26日

カワベマサノリ  
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       
ミクロコスモ・ヒーリング  
microcosmo-healing.com                   

あなたに宿る「内なる神」を活性化する2つのヒーリング
①【整体ヒーリング(対面・遠隔) 
1回7,000円。対面の場合は40分。有料で出張可。
同月に満月・新月ヒーリングを受けている場合、7,000円5,000円

②【満月・新月ヒーリング(遠隔)
内なる神との交流が活性化する満月と新月に、遠隔ヒーリングをお送りします。  
1回 7,000円。満月・新月セットで、 14000円10,000円 
家族みんなで受けると更に効果的。家族割引 2,000円off 
(*2人目以降に適用されます) 
(*2つの割引きの併用は不可) 

③【波動水】
写真1枚分に付き、1,000円。

0 件のコメント:

コメントを投稿

基本の考え

ホームページに新規加筆しました。 『幸せを作るノート』の冒頭の 「基本の考え方」というものです。 https://www.microcosmo-healing.com/blank-1 お伝えしたいことは数多くあるのですが、 根っこの考えは同じであることを 改めて...