2017年7月16日日曜日

心を養う言葉

3日に及ぶ長い話が終わりました。
気分を入れ替えてご質問。

「少し前に、カワベさんからこんなアドバイスを頂きました。

****

『あえて厳しく付け加えますと、「見てから分かる」では遅いのです。
すべてのことに対して慎重に、注意深くあるためには、
心というレンズをいつも磨いておく必要があります。
そのために言葉を常に誤りなく、深く正しく使うということが必要なのです。
言葉には伝えるための道具ということを越えて、
自分の心が正しく機能できるように油をさすような働きがあります。』

****

覚えておいででしょうか?
(すみません、こうして質問する事が遅くなった為に、
思い出してもらう労力を増やしてしまって)」

・・・途中ですが、この配慮は偉いです(笑)

ちなみにおじじは本当に恐ろしく過去のことを忘れますので気を付けて下さい。

たまたまこの話題は覚えていました。

「このアドバイスを頂いた時に、
『ん?こういう事なのかなぁ~?』と自分なりに解釈して、
でも、すんなり腑に落ちない感じがありました。
日頃から言葉を大切にしていると、心のレンズが磨かれて、
見える前に感じる取れるように何故なるんだろう?
と、今でも疑問が残っています。

人との距離感って(親しい人、身近な人も含めて)難しいとも感じています。
私は、親しくなったと感じると、勝手に
『相手も私の事を分かってくれているだろう。それに、私も相手の事を大体分かっている。』
と判断して、言葉を省いたり、慎重に行動する事を辞めてしまいがちです。
そうする事によって、相手の事を正しく知ろうとする事を辞めているのかもしれませんね。

知ろうとする事を辞める=心の扉が閉じてしまっている。
だから、言葉を正しく注意深く使う、言葉に意識を置く事を大切に。
毎日使う言葉を大切に使う事で、程良い緊張感が生まれる。
知ろう・感じ取ってみようとする意識が育ってくるという事なんでしょうか?

人と関わるという事は、とてもエネルギーが必要で、
過去の楽しい経験よりも苦い経験が大きく際立って、
相手を察する事や理解し合う事は面倒だと感じて、
心の扉が閉じてしまっている事がとても多いです。

(私が質問したい事が、自分でも出し切れているのか、分からなくなってきました。中途半端で、すみません)」

かなり濃厚な質問。

内容を2つに分けて、まずは今日前半を語ります。

この話のとっかかりは、食産業をめぐる話。
「この飽食の時代を支えている現場は実はね・・・」
という趣旨の映画を質問者さまはご覧になって、
命のありがたみ、食べることのありがたみについて語られたんですが、
「事実を知ってから分かるようでは遅い」
と僕は言いました。
それが冒頭の発言です。

それにともなって、言葉を正しく使うという話。

例えば
「今日何食べる?」
「そうだなあ、昨日は魚だったから今日は肉」

そんな話は生まれてこのかた、
皆さんずっとされてきているんじゃないですか?

またはヒーリングなどで
「(健康上)肉を控えたら良いでしょう」
「じゃあ魚を食べればいいですか?」

・・・まるで自分が望めば好きに肉でも魚でも食べて良いかのようにね。

でもじゃあ自分は動物一匹魚一匹殺せるのかな。
そんな現場を見たら悲鳴を上げる。
でもそれを見ないで済む・・・その立場によって本当に大切なことを忘れて、
味とか値段とか栄養素とか、そういうことばかりに目が行ってしまう。
目の前にあるのは命なのにね。

「肉を食べる」「肉を買う」
その言葉尻が問題なんじゃありません。
どういう気持ち、どういう理解、どういう世界観でそれを言っているのか。

言葉を正しく使うと心が整う、という趣旨の上の発言。

意味する所は、そうですね例えばあなたの横に星の王子様みたいな子を置いてごらん。
するとこういう会話になる。

「頂きまーす」
「え・・・? 『頂きます』ってどういう意味か知ってるの?」
「・・・え? 食べる前の掛け声でしょ」
「違うよ、命を君はもらうからだよ。自分は死なないのに、誰かに死んでもらうことによってさ」
「そんなこと考えたこともないよ」
「意味も考えずにいつも『頂きます』なんて言ってるの? 一体何のために?」

そういう話。

食べることの意味を知っている人の『頂きます』にはこの理解が波動として表われていて、
その意味を知らない人の『頂きます』には音はあっても波動はない。

これが生き方の違いとなり、
その人が自分だけで生きているつもりになっているのか、
それとも生かされることによって生きていることを知っているのか、
そこを分け、その先に異なる道を開いていくのです。

当然、その先に出会う人間関係も仕事も全然変わってくる。

これが日頃から言葉を正しく深く使うことによって、心を整えるということの内容です。

後半はまた明日語りましょう。

ご質問ご感想のある人はブログ下にありますコメント欄に挑戦して下さい。

【次回予告】
7月23日(日)新月ヒーリング

カワベマサノリ  
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       
ミクロコスモ・ヒーリング  
microcosmo-healing.com                   

【ヒーリング】
①【対面ヒーリング 
7,000円。40分。

②【満月・新月ヒーリング(遠隔のみ)
満月と新月に、遠隔ヒーリングをお送りします。  
1回 7,000円。満月・新月セットで、 14000円10,000円 

2 件のコメント:

  1. こんにちは。今日もブログを複数回読みなおしました、ありがとうございます。
    この方が前半におっしゃっているように、人との関わり合いはとてもエネルギーが必要だと感じました。河邊さんにご指摘頂いた通り、相手のことを想像して言葉を選びながら人と接すると、今まで体験しなかったような疲労感があります。言葉を正しく使おうとすると、瞬時にいろんなことを想像し言葉がでなくなり、少しでも気を抜くとまたヘラヘラ反射的に言葉を発している自分がいます。今日も一日できたかな(できるかな)と振り返るのが精いっぱいですが、今日も一日が終わるまで気をつけてみます。どうもありがとうございます。

    返信削除
  2. A子さん。
    こんにちは。コメントありがとうございます。
    使っていなかった筋肉を新しく使い始めるみたいな感じですよね。
    何事も慣れかと・・・。新しい言語の習得、がんばって下さい。

    返信削除