投稿

天秤座新月

明日は新月。

新月メッセージをお送りしましたのでメール受信箱をご確認下さい。

いつからか忘れましたが、
満月新月のメッセージをお送りするようになりました。

「なるほど、こうすればいいんだな」
と皆さん、受け取って実践して下さっていることと思いますが、
このメッセージを復習、点検として利用することも出来るんですよ。

満月新月のエネルギーは数日前から十数日前から
徐々に大気中に満ちていきいます。
あなたの細胞、あなたの潜在意識はそれを早くも感じています。

だから新月に受け取ったメッセージを読んで、
自分を振り返ると
「確かに、知らずにこれをやっていた」
と思うこともあるし、
「全然逆方向を行っていたなあ」とか
「思いもよらなかった」ということもあると思うんです。

流れに乗っている、とは
宇宙のリズムに同調しているということであって、
やはり理想的には
「知らずに同調していた」という在り方です。

今すぐ「同調している人」になる必要はありません。
ただ毎回振り返って自分の同調具合を確かめる・・・
そんな作業を何年も続けていくと、
同調している時自分はどんなふうで、
同調していない時自分はどんなふうなのか、
少しずつでも分かるようになっていきます。

向上していきたい方は、
そんなふうなメッセージとの関わり方を取り入れていくのも良いかと思います。

明日の新月ヒーリングのお申込みは明朝まで受け付けております。

【お話会】

お話会

お話会ですが、一律1000円で良いような気がしたので
そのように変更いたします。

日時:11月4日(土)15~17時
場所:アトリエにて。
内容:祝詞、真言、お経の唱え方、効用、注意などについて語り、また実際に唱えてみます。
定員:5名
参加費:1000円
参加資格:日頃ヒーリングを受けられている方

よろしくお願いします。

おじじ

次の満月と新月は・・・
10月20日(金)天秤座新月
11月 4日(土)牡牛座満月
microcosmo-healing.com

正しい知識 1

正しい知識とは何でしょう。

例えば「偶然は無い」

人はしばしば、明瞭なことをわざわざ不明瞭にしたがる。

必然的に起きていることを、「偶然」と言う。

人は多分、必然が怖いのだと思う。
はっきりしたこと、
または人間をすべて見透かしている神のような存在が、
怖いのだと思う。

だから明確に理由があって失敗しても、
「偶然間違えた」
「運が悪かった」
などと言ったりして、要するに逃げてしまう。

幸せになるのも不幸せになるのも、
今の境遇にいるのも今の境遇を抜け出すのも、
すべては必然であって、偶然はない。

偶然と言う時、「自分はただ自分を甘やかしたいだけなんだ、
はっきり分かる世界より、永遠にもやもやした世界にいたいだけなんだ、
その方が安心するから・・・」
という動機があることに気付いた人から、
「偶然」なんて言葉は捨てていけると思うのです。

【お知らせ】
11月4日(土)にお話し会を開きます。
15~18時。アトリエにて。
祝詞、真言、お経の唱え方、効用、注意などについて語ります。
定員5名。
参加費は『対話篇』購入者1000円、一般5000円です。

よろしくお願いします。

おじじ

次の満月と新月は・・・
10月20日(金)天秤座新月
11月 4日(土)牡牛座満月
microcosmo-healing.com

正しい知識

この宇宙で最も重要な宝は知識であると思う。
正しい知識の上にこそ、感情も感覚も思考も正しく乗る。
正しい知識とは例えば・・・ 「人間以外の生き物も感じている、考えている」 「何事も偶然はない」 など。
他にも 「人は運命には逆らえない」 「秘密は実はすべてばれている」 など。
正しい知識があれば、人はそれに則して生きられる。 間違った知識を持っていれば、関わり方をことごとく間違える。
どんなに感受性が良い人でも、 知識が間違っていたら間違ったことしか感受できない。
僕はそういう人を多く見る。
非常に鋭く、きらめくような感受性で、 間違ったことを見つめている人がこの世界には沢山いる。
知識こそは宇宙の最高の宝であり、
だからこそ、人は正しい知識から隔てられているのだと思う。

【お知らせ】
11月4日(土)にお話し会を開きます。
15~18時。アトリエにて。
祝詞、真言、お経の唱え方などについて語ります。
定員5名。
参加費は『対話篇』購入者1000円、一般5000円です。

よろしくお願いします。

おじじ

次の満月と新月は・・・
10月20日(金)天秤座新月
11月 4日(土)牡牛座満月
microcosmo-healing.com
ブルーボトルの水は(凍らせると)アイスピックで割りにくい。
こんなふうに波動はちゃんと物理現象として現れる。
イメージ
こういう所もきっちりとね。

嫌なことは断る、ということを続けていくと、やがては相手を傷付けずに 断れるようになります。